一般社団法人つくば市医師会
サイトマップ
文字サイズ

事業計画

【2021年度(令和3年度)つくば市医師会事業計画】

はじめに
一般社団法人つくば市医師会の定款にある第 2 章「本会の目的及び事業」に則り活動を行う。医道の高揚、医学及び医術の発達ならびに公衆衛生の向上を図り、社会福祉を推進することを目的とし、県医師会・つくば市・つくばみらい市 および周辺地域 と密接な連携を取りながら第4条に掲げる活動を行う。
(医道の高揚、医師の生涯教育、公衆衛生の啓発活動、地域医療の推進発展、地域保健の向上、つくば市およびつくばみらい市の保健行政・福祉行政に関する支援、医療施設の整備、医業経営の安定、会員の福祉向上による国民の健康および福祉の増進、会員の相互扶助など)


1.医道の高揚
医師の倫理を尊重し、 資質 向上に向けて会員が問題意識を持ち、自覚を持って行動する


2.医師の生涯教育
(1)医師会会員を含めた医療従事者 のための研修の機会を設ける
(2)医報「つくば」を発刊する
(3)会員の日本医師会生涯教育講座受講 の向上を図る
(4)TV 会議システムの有効活用を図る
(5)医師資格証の申請を促進する


3.公衆衛生の啓発活動
(1)乳幼児健診 に協力する
(2)予防接種に協力する


4.地域医療の推進発展
(1)筑波メディカルセンター病院の救急診療 支援 を継続する
(2)ホームページを必要に応じ改定する
(3)e mail を活用し、情報伝達の迅速化と事務負担の軽減を図る
(4)地域の産業衛生の向上に取り組む
(5)在宅医療・介護連携推進 事業 活動に協力する
(6)認知症初期集中支援事業に協力する
(7)生活習慣病予防対策事業に参加する
(8)「救急の日」「救急医療週間」において市民を対象とした救急災害医療の啓発活動を行う
(9)子ども 予防接種週間に 協力をする
(10)看護協会との交流を図る
(11)新型コロナウイルス感染症対策で、茨城県との行政検査の委託契約に基づき 「地域外来・ 検
   査センター」を設置し、PCR 検査センターを筑波メディカルセンター病院に委託する
(12)新型コロナウイルス感染症 宿泊療養施設 のオンコ―ル業務に協力する
(13)新型コロナウイルスワクチン接種事業に協力する
(14)その他


5.つくば市・つくばみらい市の保健行政・福祉行政へ支援し、地域保健の向上に寄与する
(1)保健予防事業に協力する
①母子保健事業
 妊産婦健診、 1歳6か月健診、3歳健診
②成人保健事業
 基本健康診査、特定健康診査 、結核検診、肝炎ウイルス検診、がん検診
③予防接種事業
④健康推進事業
 運動教室参加意見書
⑤健康総務事業
 休日緊急診療
(2)学校保健会つくば支部の活動に協力する
(3)学校保健 事業 の推進に協力する
  ① 学校産業医を設置し、 労働者の健康管理及び職場の作業環境について助言をする
  ②つくば市と学校医に関する意見交換会を定期的に行う
(4)がん検診(前立腺がん検診・大腸がん検診)を受託する
(5)前立腺がん治療などの医療連携パス運用を促進する
(6)つくば市 胃がん検診 胃内視鏡検診 を実施する
  肺がん検診の受託について検討する
(7)市民公開講座、 つくば市催事に合わせ 市民への健康啓発活動などを行う
(8)その他


6.迅速な災害医療対策を構築する
(1)緊急時連絡網を構築する


7.会員の親睦・福祉の向上を図る
(1)近隣医師会との交流を図る


8.医師会の資料を整理・保存する


9.医師会活動を推進するために、功労者の推薦を積極的に行う


10.健全な財務を維持する健全な財務を維持する
(1)医報「つくば」に広告を掲載する


11.必要に応じ規定の整備・見直しを行う


12.その他、医師会定款の目的および事業に相応しい事項を行う

【各種委員会活動(事業)計画】

委員会名

活 動 内 容

保険医療
委 員 会
(小倉)

1.社会 保険診療報酬及び介護報酬制度改正に伴い、その内容を会員に周知し、
新制度改正の折には、迅速にこれを行う 。

2.医療保険並びに介護保険制度の適切な活用を促し、医療経営に資する様に、両制度の適切な活用をPRする。

3.社会保険医療担当者の個別指導の折、担当理事としてこれに立ち会う

学  術
委 員 会
(池野)

1. 臨床実地に役立つ多岐にわたる内容を提供する 。

2. 県南地区の学術研修会の統括・支援を行う。

3. つくば市医師会主催の市民のための 健康に関する啓蒙活動に協力する。

4. 茨城県糖尿病登録医制度更新の研修会の開催に協力する。

5. 今年度はコロナ禍の為、会場での講演会は 行うことが難しく、Webセミナーで 実施する。

広   報
委 員 会
(中川)

医報つくば第49 号(2021年)の編集・発行する。

1. つくば市医師会の動き・委員会の活動報告・学術研修会(2021年1月~12月)
を分けて掲載する。

2.つくば市医師会主催の講演会の内容を掲載する。

3.講演会の依頼原稿の文字数を2000字程度とするが、あくまでも目安とする。

4.写真投稿は5枚程度とするが、必要であればこだわらず目安とする。

5.つくば市医師会会員の自由投稿を数多くしたいので原稿は随時受け付ける。会員以外の大学病院医師等にもイベント毎に投稿を勧誘する。

6.広告掲載を製薬メーカー、調剤薬局等30~40社を予定する。掲載料金は15000円とし、早期に勧誘活動を開始する。

7.市長、歯科医師会長、薬剤師会長 、筑波大学附属病院長 にも投稿を依頼する。

地域医療
連    携
委 員 会
(長澤)

1.病院・開業医・介護施設間における診療連携の密度向上を目指す。
2.医療の変革に伴い、将来に向けた病診、診診連携の再構築をはかる。
3.生活習慣病予防対策事業(地域フォーラム) の開催等を通し、筑波大学医師会、つくば市及びつくばみらい市健康増進課との連携を推進する。
4.「医療機関マップ」のより良い運用に努め る 。
5.前立腺がん治療、骨粗鬆症フォローアップ等、医療連携パスの運用を継続する。
6.新型コロナ感染症の発生を鑑み、感染症の情報共有システムを構築する。

救急・災害医療
対策委員会
(原田)

1.地 域住民へ の救急に関する啓発活動を行う。
「救急の日」・「救急医療週間」における事業をつくば市消防本部・日本赤十字社茨城県支部と合同して行い、地域住民に対して救急に関する啓発活動を行う。

2.迅速な災害時医療対策を構築する。
・ 災害時の安否確認システムの採否の検討を行う 。
・ 会員のメールアドレスの届出 を促す 。
・ つくば・常総地区メディカルコントロール協議会に参加する。

3.筑波メディカルセンター病院の救急診療支援を継続する。
市医師会による筑波メディカルセンター病院 休日 ・夜間の小児科及び内科初期救急診療支援を継続して行う。

4.コロナ禍での当委員会をWebで行うこととする。

在宅ケア
委 員 会
(小松﨑)

1.令和2年度はコロナ禍のため従来のようなつくば医療福祉事例検討会は行えず、Zoomを 用いた事例検討会を2回開催することとなった。なかなか討論になりにくい面がありまた「多職種が顔の見える関係を作り、対応困難事例に対応しやすくなる環境を作る」という目的は達成困難である。今年度の事例検討会をどのような形で行っていくか検討する必要があると思われる。
1) 検討事例データベース化を継続し蓄積を図る 。
2) 圏域 別ケア会議と事例検討会の在り方を検討 。

2.在宅ケア委員会を定期開催 年2回を予定
(つくば市医師会会議室、出席者は在宅ケア委員)会委員開催形態についても検
 検討が必要
検討課題
1) 訪問診療にかかわる医師・今後開始予定の医師の連携を進める 。
 グループ化に関し継続し検討
2)つくば市介護審査委員会へ協力
 毎年増加している要介護認定者に対応し介護審査委員を医師会会員全員の問題
 として意見書作成に関わる医師会会員に協力をお願いしてきた。負担の偏りの
 ないよう必要に応じ検討していく 。
3 )介護保険制度の問題点について県医師会に意見を届ける 。
 主治医意見書はこの形でいいのか? 簡素化を進めてはどうか。
 コロナ禍での介護サービス利用の問題提起 など。

厚  生
委 員 会
(廣瀬)

1. 各種同好会活動
1) 大筑波医師ゴルフ会(年4回開催:表彰式は三密を避け短時間で表彰のみとする)つくば医師ボウリング同好会(月1回開催 :緊急事態宣言解除まで休止とする)

2.医師会忘年会
2021年12月11 日土曜日に開催予定。

3.三師会合同新年会
2022年1月16日日曜日に薬剤師会幹事で開催予定。
同日 三師会ゴルフコンペを開催予定。

予防・健(検)診
委 員 会
(柴原)

1.つくば市の 特定健康診査・後期高齢者 健康診査 、その他の検診(がん検診など)について、適宜、市と協議を行い、検診に協力していく。胃がん内視鏡検診においては、読影委員会の運営に協力する。

2.つくば健康フェスタへの参加
つくば市民の健康に寄与するため、健康フェスタに出展する。

3.つくば市の糖尿病重症化予防事業への協力
市と連携して事業に協力する。

学 校 医
委 員 会
(磯部)

1.コロナ禍の中、学校定期検診が支障なく実施できるよう教育委員会に協力します 。

2.学校保健会つくば支部の活動に協力します。

3.委員会はWeb開催する見込みです。

4.学校医研修会を開催します。

小児保健・医療
委 員 会
(池野)

1.つくば市 健康増進課と連携して母子保健事業を行う。
1歳6か月と3歳4か月の集団健診は対象人数の増加により、多くの先生のご協力 をお願いしている。先生方が診察し易いように、また午後の診療時間にくい込まないように強く協力を要請していく。

2.予防接種の多様化に伴い、現場で の間違いが生じないように市と問診票等の検討を続けていく。多くの先生の参加をお願いする。

3.保育園・幼稚園児の問題点を検討していく。

4.筑波メディカルセンター病院の小児救急外来を引き続き行う。

産 業 医
委 員 会
(青柳)

1.つくば市医師会産業医講習会を開催する。(年2回)
第13回 2021年7月予定
第14回 2022年1月予定

2.産業医委員会を開催する。

3.事業所からの産業医の紹介依頼に対して、対応する。

つくばみらい市
懇 話 会
(小松﨑)

1.令和3年度もつくばみらい市とつくば市医師会、及びきぬ医師会との連絡調整を継続する。

2.毎年開催している、つくばみらい市医師勉強会を開催する。コロナ禍での開催について検討。

3.学校医委員会と協働で、新任校医をはじめ学校医の活動を支援する。

4.行政との連絡会を開催し、専門家の立場で地域の保険事業に協力する。

 

 

Copyright © つくば市医師会 All Rights Reserved.